ミルクティーの美味しい作り方~ロイヤルミルクティーとは?~

ミルクティーの作り方 紅茶

この記事を読めば、ミルクティーとロイヤルミルクティーの違いがわかります。さらにミルクティーとロイヤルミルクティーの作り方を知ることができます。

今回はミルクティーの作り方を紹介します。ミルクティーと言ってもミルクティーとロイヤルミルクティーの2つに分けられます。あなたは何が違うか知っていますか?

知っていると少しためになる知識です!

ミルクティーとロイヤルミルクティーの違い

ねこ 疑問

ミルクティーには、ミルクティーとロイヤルミルクティーの2種類があります。しかし、何が違うか知っている人は意外と少ないものです。

僕にもこんな経験があります。

知人に「ロイヤルミルクティーの方が好き。」と言う人がいました。なぜか理由を聞いてみると…「ロイヤルだから。」…沈黙が訪れました。

名前の響きからロイヤルミルクティーの方が良さそうに見えるかもしれませんが、実際は作り方の違いミルクの量が違うのです。同じ材料を使ってもロイヤルになれるのです。

ミルクティーはポット抽出式

ロイヤルミルクティーは煮出し式

なんて言い方をすることもあります。

作り方が違うことを知っておけば話題にできるかもしれませんね。

ミルクティーにおすすめの茶葉

ミルクティーにおすすめの茶葉は味が濃ゆい茶葉です。ミルクに負けないような濃ゆい紅茶を使うことが美味しく淹れるコツです。

例えば、アッサムが代表的です。ミルクティーといえばアッサムと考えても良いでしょう。

また、アールグレイもおすすめです。ベルモットの香りがミルクティーに良くマッチします。

逆にダージリンはミルクティーには適していません。ダージリンは繊細な紅茶なのでミルクに完全に負けてしまいます。

ミルクティーの作り方

ミルクティー

ミルクティーを作る手順
  • ティーポッドを温める

    お湯を沸かし、ティーポッドに注ぎ温めます。ティーポッドが温まったらお湯を捨てます。

  • 茶葉を入れる

    茶葉の分量を量り、ポットに入れます。紅茶は濃ゆ目にしたいのでストレートティーを淹れる時よりも少し多めに茶葉を入れることが美味しく作るコツです。

    カップ2杯分(300㎖)に対して茶葉6~8gを目安に入れましょう。

  • お湯を注ぐ

    十分に沸騰させたお湯をできるだけ高い位置から勢いよくティーポッドに注ぎます。

    これによりジャンピングが起こり、茶葉がよく開きます。香りが違うのでこの感覚を身につけてほしいです。

  • 茶葉を蒸らす

    ティーポッドにフタをして、ティーコジー(持っていないなら覆える程度の大きさの布)をかぶせて茶葉を蒸らします。

    蒸らし時間の目安は、茶葉5~6分ティーバックのような小さい茶葉3分

  • 軽くかきまぜる

    茶葉を蒸らし終えたら、ティーポッドの紅茶の濃さを均一にするために、茶葉を軽くかきまぜます。

  • カップに注ぐ

    カップはあらかじめ温めておきましょう。また、ミルクも冷蔵庫から出して常温にしておきましょう。

    ⑴先に紅茶から注ぐ

    ⑵先にミルクから注ぐ

    ⑴と⑵の好きな方法でカップに注ぎます。

    イギリスでは⑵の「ミルクインファースト」が人気らしいです。

ロイヤルミルクティー

ロイヤルミルクティーを作る手順
  • 手鍋(ミルクパン)に水を入れ加熱する

    新鮮な水道水を手鍋に入れ火にかけます。十分に沸騰させましょう。

    カップ2杯(300㎖)につきお湯160㎖が目安

  • 茶葉を入れる

    十分に沸騰したら火を止め、茶葉を手早くまんべんなく手鍋に入れます。

    茶葉の量は6gが目安です。

  • 牛乳を入れる

    茶葉が開いたら牛乳を入れます。牛乳を入れたら弱火にしてください。

    カップ2杯(300㎖)につきお湯160㎖が目安

  • 軽くかきまぜる

    なじませるように軽くかき混ぜながら温めます。

    煮すぎないように全体に泡が出てきたら火を止めましょう。

  • フタをして蒸らす

    手鍋にフタをして蒸らします。

    蒸らし時間の目安は、茶葉6~7分ティーバックのような小さい茶葉4分

  • ポッドに注ぐ

    十分に蒸らしたら、茶葉をこしながらティーポッドに注ぎます。

    最後の一滴まで残さないように注ぎましょう。

  • カップに注ぐ

    ティーポッドからカップに注ぎます。

    カップに注ぐ前にグラニュー糖を加えて混ぜておくとコクとまろやかさが増して美味しくなります。

自宅で自分の好きなミルクティーを楽しもう!

美味しいミルクティーを作ろうとすると少し手間がかかりますね。その手間をかけた分だけ美味しいティータイムを過ごすことができます。

自分で作ったミルクティーを飲みながらゆったりする時間は幸せなひとときに間違いないですよ!

ロイヤルミルクティーを作れるようになるとチャイも簡単に自分で作れるようになります。まずは美味しいロイヤルミルクティーを作れるようになって、次のステップに進んでみましょう。

美味しい紅茶を淹れるためには水が大事です。空気を多く含ませることができる水道水を浄水して使うことをおすすめしています。美味しい紅茶ライフのおともにこちらもご覧ください。

コメント